HotSPA2019

6月11日から12日にかけて指宿市の休暇村 指宿で行われたHotSPA2019にて,坂井・入江研究室D2の門本淳一郎が「オープンソースなマルチポートメモリコンパイラの検討」という題目で,同M2の中村朋生が「RISC-V上で実行するSPEC CPU 2017のSimulation Points解析」という題目で,同M1の塚本駿佑が「動的情報フロー追跡を用いた反射型XSSの検出」という題目で,同M1の有馬裕一朗が「OpenRISCにおけるセキュアコンテクストスイッチの実装」という題目でそれぞれ口頭発表を行いました.

カテゴリー

未分類

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

  • 受賞
  • 発表
  • 未分類
  • アーカイブ

    最近のお知らせ

    坂井・入江研究室