ウォンバットについて


(工事中)

概要

ウォンバットは哺乳類の一種である有袋類の仲間であり、タスマニア島と、オーストラリア大陸南東部に棲息する穴居性の草食動物である。 正確に言えば、有袋類有袋目ウォンバット科(Phascolomidae)に属する哺乳類の総称である。

そもそも、「ウォンバット」とは、原住民であるアボリジニーの言葉で「鼻が平たい」という意味であると言われている。 日本では、「オオフクロ(大袋)モルモット」、「フクロアナグマ(袋穴熊)」などとも呼ばれている。

ウォンバットの特徴

体長は70cm〜120cm前後である。 体はずんぐりとしていて、足は内股である。
平たく大きな鼻がついており、先に記したように名前の語源にまでなっている。
また、尾は一見ないように見えるが、実際は痕跡程度の突起が付いている。

一般には鳴かないとされるが、横浜市立金沢自然公園動物区の飼育係に問い合わせたところ、無理矢理捕らえようとした時に「キッキッ」というような音を発したとのことである。 ウサギも鳴かないと言うがやはり同様の音を発することがあるというので、それと同様の警戒音なのだろう。

冒頭に体長を挙げたが、ウォンバットの先祖と思われる化石哺乳類が発見されている。 ディプロトドンと呼ばれるもので、体長は驚くべきことに2メートルもあったという。(背中に乗ってみたい!)
余談だが、先日東京都立多摩動物園に行った際、「コアラの先祖であるディプロトドンは、ウォンバットの先祖でもある」などと書いてあったが(無論誤りではないが)、ディプロトドンの体型はむしろウォンバットに非常に良く似ており、「ウォンバットの先祖であるディプロトドンは、コアラの先祖でもある」と記すべきだと、個人的には(多大な偏見も混じえて)思う。

ウォンバットの生態

(準備中)

さて、ウォンバットには次の2種がある。

ウォンバットを見られる場所

私が行ったことがある場所では…、 昔、「タスマニア物語」というウォンバットが一杯出て来る映画があったが、その際に出版された「タスマニアの動物達」なる本に「ここに行けばウォンバットに会える!」というような日本地図があったのだが、不覚にもこの本は買いそびれてしまった。 どなたかお持ちの方は、是非お譲り下さい。

英語による解説


世の中には、他にもWombatが好きな方々がいらっしゃるようです…

趣味のページへ
About wombats (in Japanese)