2019年度 発表文献一覧(坂井・入江研究室)

国際会議

  • The Third Data Prefetching Championship (in conjunction with ISCA 2019)
    1. Tomoki Nakamura, Toru Koizumi, Yuya Degawa, Hidetsugu Irie, Shuichi Sakai and Ryota Shioya:
      “T-SKID: Timing Skid Prefetcher”, The Third Data Prefetching Championship (in conjunction with ISCA 2019), Jun., 2019

雑誌論文

口頭発表

  • xSIG 2019

    1. 門本 淳一郎, 浅野 凌治, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      形状自在計算機システムのための水平方向チップ間ワイヤレスバス,
      xSIG, May, 2019.
    2. 出川 祐也, 中村 朋生, 渋江 陽人, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      フェーズ検出と事前学習を利用したプリフェッチャ動的切り替え手法の検討,
      xSIG, May, 2019.
    3. 小泉 透, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      リネームレスアーキテクチャに適するオペランド表現,
      xSIG, May, 2019.
    4. 中村 朋生, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      キャッシュ圧縮による余剰領域を利用した仮想プリフェッチ・バッファ,
      xSIG, May, 2019.
  • 電子情報通信学会PRMU研究会

    1. 谷合 廣紀, 森 大輝:
      AIエッジコンテスト セグメンテーション部門2位解法,
      電子情報通信学会PRMU研究会, May, 2019.
  • HotSPA2019

    1. 門本 淳一郎, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      オープンソースなマルチポートメモリコンパイラの検討,
      HotSPA, June, 2019.
    2. 中村朋生, 小泉透, 出川祐也, 有馬裕一郎, 稲岡航大, 塩谷亮太, 入江英嗣, 坂井修一:
      RISC-V上で実行するSPEC CPU 2017のSimulation Points解析,
      HotSPA, June, 2019.
    3. 有馬裕一郎, 坂井修一, 入江英嗣:
      OpenRISCにおけるセキュアコンテクストスイッチの実装,
      HotSPA, June, 2019.
    4. 塚本駿佑, 坂井修一, 入江英嗣:
      動的情報フロー追跡を用いた反射型XSSの検出,
      HotSPA, June, 2019.
  • SWoPP 2019

    1. 出川 祐也, 中村 朋生, 小泉 透, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      タイミング調整を行うプリフェッチャに対して投機ミスが与える影響の解析,
      情報処理学会研究報告, Vol. 2019-ARC-237, No. 8, pp. 1-5, 2019
    2. 小泉 透,入江 英嗣,坂井 修一:
      パイプライン化された演算器を生かした低レイテンシ指数関数実装,
      研究報告システム・アーキテクチャ(ARC), 2019-ARC-237(2), pp.1-6 (2019)

ポスター発表

  • COOL Chips 22 (IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips and Systems)
    1. Hayato Nomura, Tomoki Nakamura, Toru Koizumi, Hidetsugu Irie, Shuichi Sakai: “Preliminary Discussion of a Time Stride Prefetching”, IEEE Symp. on Low-Power and High-Speed Chips and Systems, Poster, Apr., 2019.
  • CHI 2019
    1. R. Takada, J. Kadomoto, B. Shizuki: “A Sensing Technique for Data Glove Using Conductive Fiber”, ACM Conference on Human Factors in Computing Systems, pp. INT023:1–INT023:4, May., 2019.
  • Asian CHI Symposium 2019
    1. R. Takada, J. Kadomoto, B. Shizuki: “A Sensing Technique for Data Glove Using Conductive Fiber”, Asian CHI Symposium, May., 2019.
  • xSIG 2019

    1. 出川 祐也, 中村 朋生, 渋江 陽人, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      フェーズ検出と事前学習を利用したプリフェッチャ動的切り替え手法の検討,
      xSIG, Poster, May, 2019.
    2. 小泉 透, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      リネームレスアーキテクチャに適するオペランド表現,
      xSIG, Poster, May, 2019.
    3. 中村 朋生, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
      キャッシュ圧縮による余剰領域を利用した仮想プリフェッチ・バッファ,
      xSIG, Poster, May, 2019.
  • 音学シンポジウム2019

    1. 下道雄太, 入江英嗣, 坂井修一:
      身体姿勢を用いた直感的サウンドインタラクションの検討,
      音学シンポジウム2019, ポスター, Jun, 2019.

受賞

  • Asian CHI Symposium 2019

    1. Best Poster/Demo Award
      A Sensing Technique for Data Glove Using Conductive Fiber
      Ryosuke Takada, Junichiro Kadomoto, Buntarou Shizuki
  • xSIG 2019

    1. IEEE Computer Society Japan Chapter xSIG Young Researcher Award
      門本 淳一郎:
      形状自在計算機システムのための水平方向チップ間ワイヤレスバス
    2. xSIG 2019 Best M1 Student Award (BM1)
      小泉 透:
      リネームレスアーキテクチャに適するオペランド表現
    3. Poster Award
      中村 朋生:
      キャッシュ圧縮による余剰領域を利用した仮想プリフェッチ・バッファ
  • SWoPP 2019

    1. 電子情報通信学会 CPSY研究会 研究会優秀若手発表賞
      門本 淳一郎:
      ETNETにおける発表 “水平方向チップ間ワイヤレスバスの解析と設計”

新聞記事

特許

  • 入江 英嗣, 坂井 修一, 小泉 透, 中江 哲史, 福田 晃史:
    コンパイラ、コンパイル装置、およびコンパイル方法,
    特願2019-095442, 出願日 2019.05.21