2011年度 発表文献一覧(坂井・五島研究室)

国内会議(査読付き)

  • 先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS 2011 @ 秋葉原コンベンションホール
    1. 倉田 成己,塩谷 亮太,五島 正裕,坂井 修一:
      Switch-on-Future-Event マルチスレッディングの改良と評価,
      先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2011, Vol. 2011, pp. 82—91 (2011).
      [ PDF ]
    2. Hiroshi TOI, Ryota SHIOYA, Masahiro GOSHIMA,and Shuichi SAKAI:
      Yet Another Taint Mode for PHP,
      先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2011, Vol. 2011, pp. 160—169 (2011).
      [ PDF ]
    3. 赤松 雄一,五島 正裕,坂井 修一:
      固定長インターバルを用いないフェーズ検出手法,
      先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2011, Vol. 2011, pp. 271—278 (2011).
      [ PDF ]
    4. 伊藤 悠二,塩谷 亮太,五島 正裕,坂井 修一:
      最適なロールバック・ポイントを選択するトランザクショナル・メモリ,
      先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2011, Vol. 2011, pp. 324—331 (2011).
      [ PDF ]
    5. 堀部 悠平,三輪 忍 (東京農工大),塩谷 亮太,五島 正裕,中條 拓伯 (東京農工大):
      ロード/ストアの命令アドレスによる選択的キャッシュ・ライン・アロケーション,
      先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2011, Vol. 2011, pp. 316—323 (2011).

口頭発表

  • 信学会 CPSY 4月 @ 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
    1. 有馬 慧, 岡田 崇志, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 坂井 修一:
      耐過渡故障耐性を持つ Out-of-Order スーパスカラ・プロセッサ,
      電子情報通信学会技術報告 CPSY2011–5, pp. 23—28 (2011).
      [ PDF ]
  • SWoPP 2011 @ かごしま県民交流センター
    1. 吉田 宗史, 有馬 慧, 倉田 成己, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 坂井 修一:
      動的タイムボローイングを可能にするクロッキング方式の予備実験,
      電子情報通信学会技術報告 CPSY2011–7, pp. 13—18 (2011).
      [ PDF ]
    2. 早川 薫, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 坂井 修一:
      プラットフォーム部分認証,
      電子情報通信学会技術報告CPSY2011–12 , pp. 19—24 (2011).
      [ PDF ]
    3. 伊達 三雄, 倉田 成己, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 坂井 修一:
      レジスタ・リネーミングとディスパッチ・ネットワークを不要とするトレース・キャッシュ・アーキテクチャ,
      情報処理学会研究報告 2011–ARC–196 , No. 25, pp. 1—10 (2011).
      [ PDF ]
  • 情報処理学会 第74回全国大会
    1. 浅見 公輔,倉田 成己,塩谷 亮太,三輪 忍,五島 正裕,坂井 修一:
      キャッシュの利用効率の向上に関する研究,
      情報処理学会 第74回全国大会 pp. 1-61—1-62 (2012).
      [ PDF ]
    2. 広畑 壮一郎, 吉田 宗史, 五島 正裕, 坂井 修一:
      動的タイム・ボローイングを可能にするクロッキング方式のCLAへの適用,
      情報処理学会 第74回全国大会 pp. 1-63—1-64 (2012).
      [ PDF ]
    3. 山田 剛史,早川 薫,都井 紘,五島 正裕,坂井 修一:
      情報漏洩防止プロセッサ,
      情報処理学会 第74回全国大会 pp. 1-65—1-66(2012).
      [ PDF ]

招待講演

  • IEEE IEEE Computer Society Japan Chapter
    1. 塩谷 亮太:
      Register Cache System not for Latency Reduction Purpose,

      IEEE Computer Society Japan Chapter Young Author Award 受賞記念講演会(2011).

受賞

著書

  • 坂井 修一:
    ITが守る、ITを守る―天災・人災と情報技術 ,
    NHKブックス,NHK出版 (2012.2.25刊行).

特許

  1. 勝沼聡, 五島正裕, 塩谷亮太, 入江英嗣, 坂井修一:
    情報処理装置、情報処理方法及びこれを実現させるためのプログラム,
    特許第4669053号 (2011).

学位論文

  • 修士論文
    1. Hiroshi Toi:
      Dynamic Taint Propagation Based on Dynamic String Conversion Detection,
      Master thesis, Dept. of Information and Communication Eng, the University of Tokyo, (2012).
    2. 倉田 成己:
      Switch-on-Future-Event: 単一プログラムを高速化する新しいマルチスレッド アーキテクチャ,
      修士論文,東京大学大学院情報理工学系研究科 (2012).
    3. 有馬 慧:
      タイミング・フォールト耐性を持つ Out-of-Order プロセッサ ,
      修士論文,東京大学大学院情報理工学系研究科 (2012).
  • 卒業論文
    1. 岡本 大輝:
      固定長インターバルを用いないフェーズ検出手法の改良,
      卒業論文,東京大学工学部 (2012).
    2. 広畑 壮一郎:
      動的タイムボローイングを可能にするクロッキング方式の適用,
      卒業論文,東京大学工学部 (2012).
    3. 山田 剛史:
      情報漏洩防止を実現するプロセッサ,
      卒業論文,東京大学工学部 (2012).
    4. 浅見 公輔:
      命令グループのワーキング・セットに着目したキャッシュ・マネジメント,
      卒業論文,東京大学工学部 (2012).

サイト内検索

最近のお知らせ

坂井・入江研究室

  • 記事はありません