CANデータによる危険予測

自動運転の実現に期待がかかる一方、アクセルとブレーキの踏み間違いなどのドライバの運転ミスによる交通事故はいまだに社会問題として残っています。この研究では自動車内部のセンサデータであるCANデータや車載カメラの情報を使い、ドライバの操作ミスや車体の異常を検知することを目標としています。これはトヨタ自動車株式会社との共同研究で、オープンなデータセットには含まれていない異常時や事故時の実データを使って実験を行っています。

研究内容

サイト内検索

最近のお知らせ

坂井・入江研究室

  • 記事はありません