透過型HMDにおけるフリック入力の検討

指で空中をフリックするジェスチャ入力をひらがなの入力に、AR環境では有用とされるダイヤルジェスチャを変換候補の選択に、それぞれ用いることで高速かつ正確に入力できる、AR環境における新たな入力手法を提案しています。HoloLens上に提案手法を具体的に実装したソフトウェア「AirFlickey」を開発しました。AirFlickeyの各機能の概要と詳細な実装および、フリック入力とQWERTYキーボード入力の入力速度・エラー率・ユーザビリティを計測する実験の詳細を説明しています。

研究内容

サイト内検索

最近のお知らせ

坂井・入江研究室

  • 記事はありません