高効率汎用プロセッサ・アーキテクチャ「STRAIGHT」

プロセッサの電力効率や性能を飛躍的に向上させる新しいコンピュータアーキテクチャ,「STRAIGHT」の研究を行っています.提案アーキテクチャはレジスタ上書きの発生しない独自の命令セットを特徴とし,GPUやドメインスペシフィックなアクセラレータに合致しないプログラムでも,柔軟・高速かつ効率的に実行できます.命令セット,コンパイラアルゴリズム,ハードウェア実行モデル,デザイン記述(RTL)を合わせて開発した試作ソフトコアの評価では,同規模のRISC-Vソフトコアに対して,想定通りの優位な性能,特性を持つことが示されています.現在,この新型プロセッサを多くのユーザ,企業が試用・実用できるように,仕様およびデザインのオープン化を進めています.

  • 入江英嗣, 山中崇弘, 佐保田誠, 吉見真聡, 吉永努: 「もしILPプロセッサのレジスタファイルが分散キーバリューストアになったら」,情報処理学会研究報告, Vol.2013-ARC-206, No. 5, Aug., 2013.
  • Hidetsugu IRIE, Daisuke FUJIWARA, Kazuki MAJIMA, and Tsutomu YOSHINAGA: “STRAIGHT: Realizing a Lightweight Large Instruction Window by using Eventually Consistent Distributed Registers”, Int. Workshop on Challenges on Massively Parallel Processors, pp. 336 — 342, Dec., 2012.

研究内容

サイト内検索

最近のお知らせ

坂井・入江研究室

  • 記事はありません