Kinectを用いた運動習得支援アプリケーション

ラジオ体操は健康増進にとても効果があると言われています.誰もが覚えているラジオ体操ですが,実は体の曲げ,伸ばし,ひねりなどをきちんと実施することが重要で,正しい動きは意外と把握されていません.また,わかっていても,本当に正しい動きとなっているかは鏡や他者で確認する必要があり,日常の手軽なエクササイズとして導入するためには,あと一歩敷居が高くなっています.本研究では近年ゲーム用の入力デバイスとして登場したKinectを用い,ラジオ体操が正しくできているかを自動で判別してくれるアプリケーションを開発しています.「位置」検出を行うKinectを用いてどのように「動き」を認識するか,体操で重要な曲げ伸ばしをどのように判定するか,ユーザの体格差をどのように吸収するかに着目して研究を進めています.将来的には,プロの動きデータからヨガやゴルフフォームなど,他の様々なスポーツ,ダンス,ポージングの支援ができるような,一般化した技術としての提案を目指しています.

Kinect_001

  • 黒田 修平、入江 英嗣、吉永 努: 「手本データを自動抽出する運動指導システム」,インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ ポスター発表, pp.199 — 200, Dec. 2013.